MENU
  1. お問い合わせ
  2. 採用情報

設備管理EQUIPMENT

設備管理業務について

空調設備や衛生設備など様々な設備機器が、性能を十分に発揮し効率よく運転させるため、 日常的な管理や定期的な保守点検・整備を行います。
当社では、資格を有する専門の技術スタッフが保守点検業務や日常的な管理を行い、 万が一不具合が発生した時は、すみやかに原因を究明し、お客様のニーズに合わせた適切な措置をいたします。

設備管理の具体的な業務

設備巡回

設備技術スタッフが、定期的に建物を巡回し、設備の設置・使用状況など定められた点検項目に沿った点検を行います。 日常的に設備機器の点検を行うことで、万が一の不具合の早期発見につながります。

空調設備保守

室内環境を適切に維持するために、点検整備・清掃を実施します。 定期的な保守点検により設備機器の能力低下や故障を防ぎ、機能と性能を維持します。 また、保守管理を行うことで、省エネ・ランニングコストの削減にもつながります。

衛生設備

トイレや洗面所・浴室などに設置されている便器や手洗い器・洗面器、浴槽と付随器具(給水金具類・排水金具類等)の点検や清掃、修理・修繕を行います。様々な方が利用することが多く、衛生面での清潔さを求められる場所ですので、充分な配慮のもと丁寧な作業を行います。

消防用設備

消防法により、設置することが義務づけられている建物の消防用設備等の定期的な点検を実施し、万が一の火災に備えて建物の安全性をサポートします。
また、点検結果報告書を関係機関へ提出するなど点検後のサポート業務も行っています。

自動ドア点検

自動ドアは不特定多数の方が利用される身近な設備の一つです。
定期点検で小さな不具合を解消することで、挟まれ・衝突など自動ドアを利用した際の事故防止となり、 人命に関わる重大な事故が発生するリスクを防ぐことができます。

エレベーター点検

定期点検によりエレベーター設備の安全な運用を行います。 また、遠隔監視システムの導入により、日常的に設備に異常・不具合がないかの監視を行い、緊急時の迅速な対応に備えます。

株式会社 東進ビルシステムへのお問い合わせ

ページトップ